エイズ検査を保健所で受ける

 

保健所でのエイズ検査を受けることについて

エイズ検査は通常、病院で検査しますが、病院ではなくて、保健所でも受けることができます。検査がいくつかの選択肢があるのは、該当者にとって助かるものです。保健所でのエイズ検査についてみてみましょう。

 

 

無料でエイズ検査ができる

保健所では無料でエイズ検査を受けることができます。通常、病院で検査を受けると、5000円から1万円かからないぐらいですが、費用が発生します。まあ、当然です。これが、保健所では無料でエイズ検査が受けられるわけですから、特に所得の低い人にはありがたい話です。これは、国の政策としてエイズ患者拡散を防ぐということが背景にあって、国民の税金が投入されています。

 

 

匿名でエイズ検査ができる

保健所では匿名でエイズ検査ができます。これも感染の可能性のある人が、受診を受けやすくしてなるべく早期発見できる、国の方針、仕組みです。

 

 

他の検査項目も検査できる

保健所によっては、エイズ検査だけではなく、他の項目の検査を希望者には同時にしてもらえます。性感染症(クラミジア・梅毒)、C型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス(HBV)といった項目です。無料で受けられるようです。最寄りの保健所で、どのような検査をしてもらえるかを確認してみましょう。

 

 

保健所では、エイズ検査が、無料で、しかも、匿名でできる、といいことだらけですが、使い勝手は相応です。以下にみてみましょう。

 

 

時間の制限(検査日、営業時間の制限)

保健所でエイズ検査を受ける場合、予約が必要になります。匿名でどのように予約するのかが気になります。
そして、検査できる日にちですが、あまり多くありません。月1日から2日ぐらいの決められた曜日などになりますので、その日に行く必要があるというわけです。
また、時間帯についてですが、基本は昼間の時間帯が指定されていますので、その時間帯でエイズ検査してもらうことになります。なかには、夜間での検査が可能な保健所もあるようですので、確認してみてください。

 

 

保健所でのエイズ検査についてのまとめ

無料で検査してもらえるなんて、すごいことです。日本が福祉国家であることを感じます。保健所は市町村に一つはあるので、利用しやすいです。