エイズ検査の費用はどれくらい?

 

病院でエイズ検査の項目とは?

病院での、エイズ検査は、@スクリーニング検査、A確認検査、の順に行います。

 

@スクリーニング検査では、抗体検査、抗原抗体同時検査を、実施します。Aの確認検査では、抗体検査や、核酸増幅検査(NAT検査)を行います。
@のスクリーニング検査だけでは、偽陽性の可能性があるため、Aの確認検査を行い、その上で感染を確認します。

 

病院でのエイズ検査の費用は?

病院では、1万円以内でエイズ検査ができるようです。
エイズ検査は疑わしい行為があってから、3ヵ月経過しないと、判定が難しいのですが、新しい検査方法を導入している病院では、その検査を利用することができます。疑わしい行為から時間が経過してなくとも、検査ができるというものです。その検査を受ける場合には、費用は高額になります。

 

保険の適用は?

エイズ検査の保険適用は、その検査の結果によるようです。
病院でのエイズ検査の結果、陽性と診断され、その後治療に進んだ場合には、そのエイズ検査は保険適用となるようです。
しかし、エイズ検査で陰性の場合は、そのエイズ検査の費用は保険適用にならないようです。

 

保健所でのエイズ検査費用は無料

別ページに書きましたが、保健所では無料でエイズ検査を受けれます。ただし、予約が必要だったり、検査を受けられる日が限られていますので注意が必要です。

 

エイズ検査キットは、5,000円ぐらい

エイズ検査キットも販売されています。おおよそ5,000円ぐらいです。多くの場合は、検体(血)を自分で採取し、検査所に送付するタイプです。土日など関係なく、検査ができるというメリットがあります。